2011年11月13日

『大人は判ってくれない』とか・・

昨日、名古屋で初上映された園子温監督の『恋の罪』を
みに名古屋シネマテークに行って来た。

一昨日確認したところ、「初日に監督挨拶はない」とのこと。

残念に思いつつも、なんとなく、一番乗りでみたい。
というか、気分が上がっているときに行かなければ、
タイミング逃して、行けなくなるおそれがあるからなのです。


しかし、昨日は、晴天。
このないい天気の日は、どこかで日向ぼっこして眠りたい・・・

などという心の葛藤と戦いつつ、気付けば、
上映10分前に映画館近くの駅にいるという、なかなかの顛末。

ま、今の回が駄目なら、知り合いのコーヒー屋で
まったりしてから、また、来よう。
などと思ったら、

  「ぎりぎりは入れますよ」

といわれ、最前列の一番端っこの座椅子へ。

座椅子は初めてだけど、すごく楽チンだった。

内容は・・・・これから見たい人沢山いると思うので、
省略。
(そのうち、一項目分使って書くつもりなので)

でも、とにかくすごかった。
私は、とても好きです。
もう一度見に行ってもよいな〜って思う。

人の堕ちていく感じとか、狂気的な日常を
書くのがホント、すごいうまいよね、園監督って。

前作『冷たい熱帯魚』や、『愛のむき出し』や、『紀子の食卓』
が好きな人が大好物でしょう、きっと。

人のグロイところが、出てる感じのする。

私は、ホラー小説や、こういったホラー映画(?これはホラーじゃないか)
が好きです。

それは、きっと、人の弱さを丁寧に書かれていたり、
人の、駄目なところがもろ出ているのが
ホラーだと思っているから。

でも、ホラーという分野が好きというのでなく、
人間のもっているいろんな側面を見るのが
すきなんだと思う。


全然ホラーでないけど、大好きな作品がある。


フランソワ・トリュフォーの『大人は判ってくれない』
41FciomYFRL.jpg

この映画を見た後、私は、一週間ぐらい失恋でも
したような喪失感を持ちつつ、恋のように、
頭から、この映画のことが離れなかった。


そして、その一週間後には、トリュフォーについての
本を買って、そのまた一週間後には、
人に、その本の話をしてたような気がする。

もちろん、その間に、何本かのトリュフォー映画を見つつですが。

トリュフォーの映画を見ているとなぜか泣けてくる。
何十年も前フランス映画なのに、リアルなのだ。


平凡社ライブラリー 
山田宏一『「増補」トリュフォー、ある映画的人生』
は、小説以外でめずらしく、何度も何度も読んだ。

大好きな言葉が何個もある。
その中の一つ

「  単なる喜劇は撮りたくないー
人生はかならずしもそれほど喜劇的ではないから。

  単なる悲劇もとりたくないー
人生はかならずしもそれほど悲劇的ではないから。」


このあともまだ言葉は、続くのですが、
この文からもわかるように、トリュフォーはリアルな「人生」を
撮ろうとしてたんだな〜と思うのです。

そして、自分の体験や、人の体験の話、本当に、言った言葉や、
言われた言葉を、そして、撮る寸前でも、台詞を、より、
リアルな言葉に、その場その場で変えていったらしいのです。

だからなのでしょうか、この人の撮る映画は
まるで幼いころの恋のように、ある意味、心の奥深くに、
くっきりとあとを残すのです。


posted by キノプール at 22:15| Comment(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: