2018年07月15日

遺書、公開。

こんにちは。
毎日暑いですね。

って上の文を読んでて、「これが遺書??」って思った方。
ごめんなさい。

この『遺書、公開。』は、陽東太郎(みなみようたろう)さんの漫画です。

私は、この作者さんの『鳥籠ノ番』という作品が面白くて(登場人物のほとんどが鳥の名前がついている漫画っていう意味では「そんな偶然(?)あるか」ってわらえるのですが)そのほかの部分で、人が見えている部分っていうのはほんと一面であったりとか、相手によっては、全く意図とは真逆な捉え方をしたりなどの目線が面白く、絵も見やすくて、好きなのですが。

その作者さんの作品で、なんといってもこのタイトル!!
『遺書、公開。』

すごいタイトルだなーって思いつつ、読み進めていくと・・・

おおおーーー、さすがに面白い!!

一気に2巻まで買ってしまったよ。

簡単に本当に大まかなあらすじ

灰領中学2年Ⅾ組。
新学期に不思議な出来事が思ったものの、『姫山さん』によって、普通のクラスになることができ、
それ以来彼女中心にクラスがまわっていた。
何をやっても目を引き、華やかさがあり、勉強もでき、運動もでき、素敵な彼もいる彼女。
しかし、ある日、彼女が学校の中で、自殺した。
クラスメイト一人一人に『遺書』を残して・・・

さてさて、一体どんな恐ろしいことが書いてあるかというと・・・意外と普通の内容。
あるクラスメイトには、
「体育祭たのしかったね・・」とかそんな内容。
あれれ??

しかししかしですね、この遺書には、他の人が読んでわからなくても、その本人が読むと
「え・・(なんでわざわざこのことを・・・)」
みたいな感じのことが書かれているようです。(←むっちゃ怖いですね)
まあ、みんながみんなそう感じているわけではないのですが。

で、みんな『姫山さん』が大好きなので(?)なんで死んじゃったのか知りたいから、
遺書を公開していこうって話になるんですよ。

でね、最初に遺書公開した子が「私、なんで死んじゃったか、気づいちゃった!!」
と言い出して、発表したのですが・・・

果たして、その気づいたこととは??そして、その理由とは??


この漫画読んで、いると、ほんと、別に、人に嘘つくとかではなく、自分の世界の見え方と、
人の見え方って違っていて。自分が見ている世界も、自分の見え方と違う人がみたら、全く
同じ出来事も違って見えたり。
あと、思い込みってすごいなあ、って思う。
だって、そう思いたければ、なんとも思っていなかったことも、
そう見えてくるっていう。

ということで、今、面白いと思っている漫画、
陽東太郎さんの『遺書、公開』でしたーー。

posted by キノプール at 15:08| Comment(0) |

2016年04月03日

わたしの漫画棚4 −望月花梨ー

調べてみたら、その方はもう(?)描いていないみたいです。

ものすごく残念です。

その方は、望月花梨さんという漫画家さんなのですが、
少女漫画というなかでも、ほんと独特の空気感を描いているひとで・・・
ちょっと暗い雰囲気をもっていて、それが本当にすごく好きな漫画家さんでした。

あと、読者にすごく想像させるのがうまくて、言葉の選び方や、
言い方?が印象にの頃ような・・・

あと、ちょっと人をドキッとさせるような。
主人公たちが(大体中学や、高校生)ちょっと屈折した感じがまたまたいいのです。

本当に、一冊づつでも、ストーリーやら、感想やらを書いていきたいぐらい好きな漫画家さんです。

大体一巻で終わってるような漫画が多いのですが、一冊のなかで、どうして
あんな雰囲気が出せるのでしょうか???

特に好きな漫画は『純粋培養閲覧図』『とげ』とかですね。

で、ほんと、好きなんですが、じゃあ、なんでこの漫画家さんが2番目なのかは、
単純に言えば、絵が、一番の人の方が好みなのと、
望月さんはどっちかというとイメージ的に月のようなイメージの漫画を描く人で、
私が一番好きな漫画家さんは、割と太陽のようなものを描くような人で・・・。


まあ、そんな感じで、大好きだった漫画家さんのその後がわかったのは、
ほんと良かったです。
そして、できれば、もう一度、望月花梨さんの新作が読みたいものだなーー。
と思ったりしてます。

(一番好きな漫画家さんの名前は、あえて出さないことにしました。
 また、気が向いたら、書くかもしれません。)
posted by キノプール at 21:47| Comment(0) |

わたしの漫画棚3 −ただ単純にうれしいといえばうれしいー

昔、大好きだった、そして影響を受けまくっていた漫画家さんをネットで調べてみた。

びっくりなことに(?)まだ描いていましたーーーーーーー。

正直、もう描いていないと思っていました。
ほんとびっくりです。

どうやら、とある歌のストーリーを描いている(?)みたいです。

しかし、どんな形であれ、その漫画家さんの新作を読めるということが
ただただうれしく思いました。

といって、すぐに近くの本屋に行ったのですが、案の定置いてありませんでした(笑)

後日、大型書店で手に入れて読みました。

・・・・

うん、昔の漫画の方が圧倒的に好きでした。

で、昔の漫画を読んでいて「やっぱりこれだねーー」って気分になりました。
でも、多分、タイミングとかもあって、もし、あの当時でなくて、
今、この漫画に出会ったらどうだったんだろう??と思うと、
多分、そんなにもピンとは来なかったかも。
一番求めているタイミングで求めているものが読めて、影響もうけれて本当に
よかったなと思いました。
なので、だれがなんと言おうと自分のなかの一番の漫画家さんは
この人なのだなーー。などと思いました。

そして、
ちょうど同じ頃にもう一人とっても、独特な雰囲気の漫画を描く人がいました。
その人の漫画はすべて持っています。
そして、その人も、今はどうしているのか不明です。
またまた調べました。

posted by キノプール at 21:20| Comment(0) |